40代女性美容師 お仕事について思いを馳せる

BEAUTY

美容師の仕事で好きなことをあらためて考えた

美容師として、何が一番好き?って聞かれることがあります。

美容室といえば、カットやカラーやパーマ。わたしの働いている美容室でいうと、ほとんどのお客様がそれを目当てでいらっしゃいます。

そのあたりのメニューはもちろん好きだし、今までたくさん練習してきたことや経験を積んできたあれこれを駆使して作ったヘアスタイルがお客様に喜んでもらえるのは毎回とても嬉しい。

今後それにもっと応えていけるようになりたい、とも思っています。

お客様が喜んでくれたりとか、この前のスタイルがとてもやりやすかった、などのお声をいただいたりとかするのは純粋に嬉しくて、美容師っていい仕事だな、続けててよかったな、と思う瞬間だったりするのですが、

カットやカラーやパーマは、それ自体が好き、というよりは、わたしにとってはその瞬間を得るのための手段、という感じが近いかもしれません。

好きなことは、つい一生懸命になれていることかも。

一方、美容師になるときに最初に習う技術であるシャンプーは昔から大好きで、どんなふうに指を使ったら、どんなふうにシャワーを当てたらより気持ちよいか、というところに楽しみを見出しているところがあり、アラフォーになった今でも新人のような一生懸命さで提供している自負があります^ ^

その流れで、ヘッドスパも大好きな施術。凝り固まった筋肉をほぐして、日頃のお疲れをまさに水に流す爽快感。メンタルにも働きかける心地良さにこだわってマッサージを施すことにもまた楽しみを見出しています。

お客様を癒すことで自分も癒される感覚もあり、この二つに関しては本当に純粋に自分が好きだと思える施術だといえるな、とあらためて感じました。

 

好きなことから広げてみる

ヘッドスパ、好きな人は多いと思うけど、どちらかというと贅沢品なのかなと思うし、カットのついでとかにやる人が多いかなという印象だから、それだけでやっていくのって大変そうかなあ、と思いつつ、

落ち着いた個室、くつろぎの空間で味和えるヘッドスパを1時間から2時間くらいで提供する、ゆったりとしたお店とか、いいな・・・などと妄想をしてみると、なんだか楽しくなってきました(笑)妄想、楽しいですね。

知ること、からのこれから

40代も半ばに入り、あれこれと今後を考えることが多くなってきたので、あらためて自分の仕事についてとか、何をしているのが好きか、などを掘り下げてみました。

美容師の仕事は、ハードながらも楽しく続けてこられたけど、実際そのどの部分に楽しみを見出していたのか、何をしているときが楽しいのか、などをワーク的に分析していくのが今回面白かったです。

50代、60代はどんなふうになっているのか、自分でもその過程を楽しんでいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました